株式会社ケイケンシステム

個人情報保護方針

個人情報保護に関する基本方針

株式会社ケイケンシステム
代表取締役 青柳 和男

近年の情報処理技術はコンピュータの小型化・高速化とともに、新しい通信技術と結びついて世界中のネットワークと瞬時にしてつながり、安価な情報端末でいつでも、どこでも必要な情報を入手したり、発信したり出来るようになり、誰もが高度情報社会の恩恵を受けることが可能となりました。

しかし、一方でこのことは情報システムの利用が爆発的に広がり、利用形態の多様化・複雑化によって個人情報が分散した形で蓄積・利用される可能性が高まり、情報の不適切な利用という危険なマイナス面を招いています。

当社はコンピュータと情報通信ネットワークを基盤として、情報システム開発・保守・運用・データサービスに至る一貫した総合サービステム事業を展開するにあたり、情報安全対策を最も重要な経営課題と位置づけ、役員・従業員一丸となって個人情報保護の為に必要な管理体制を築き、且つ継続的な活動を行い更なる努力と改善をはかってまいります。

1 基本方針
個人情報は個人の重要な財産であり、当社の役員および従業員は個人情報保護の重要性を認識し、個人情報保護に関する実践計画を遵守し、個人情報を正確かつ安全に取扱い、個人情報の保護に努め、顧客はじめ当社を取り巻くあらゆる関係者の信頼に応えなければならない。
2 個人情報保護に関するコンプライアンス・プログラムの目的

日本工業規格 JIS Q15001「個人情報保護に関するコンプライアンス・プログラムの要求事項」および当社が所属する社団法人情報サービス産業協会「情報サービス産業個人情報保護ガイドライン」に即して

  • 適切な個人情報の収集および利用の基準と、これを運用する規程を定める。
  • 個人情報への不正なアクセス、紛失、破壊、改ざんおよび漏洩などが起こらないようにするための規程を定める。
3 組織活動

基本方針を具体化するために以下の組織活動を行う。

  • 役員および従業員は、個人情報に関する法令およびその他の規範を遵守する。
  • 個人情報保護管理者を選任し、コンプライアンス・プログラムの実施および運用に関する責任と権限を与え、業務を行わせる。
  • 当社が情報処理業務などを受託する場合、委託先に対し個人情報に関する秘密の保持、再委託に関する事項、事故時の責任等について明確にする。
  • 取引のある企業および団体に対し、規程の目的達成のための協力を要請する。
  • コンプライアンス・プログラムは継続的に改善する。