株式会社ケイケンシステム

業務案内

開発実績

グローバル調達システム

製品の構想段階から資材調達にいたるまでトータルで支援する、
世界規模の資材調達システム

国内大手自動車メーカーが、世界中の膨大な仕入れ先の情報をトータルに管理し、資材メーカー各社の価格、性能、品質などを比較して、最適なものをチョイスして調達するためのシステム。
世界規模での展開によりスケールメリットを実現するとともに、グローバルに技術情報を収集し、製品の構想、設計などのノウハウを共有することが可能です。
ケイケンシステムが担当したのは、国内サプライヤー約400社の資材調達時の単価を決定するシステム。
支払金額を決定するコアの部分に関わるため、その信頼性の追求には心血を注ぎました。
進化し続けるシステムに対応するため、現地に常駐して開発業務に携わっています。

グローバル調達システム

システムの主な特徴

業務改革

1 国際価格比較システム
世界中の購入部品のコスト競争力を比較分析できる。
2 新サプライヤー・新技術開発の発掘
競争力ある新規サプライヤーや新技術を発掘する。
3 現行サプライヤーへの改善支援
現行サプライヤーの競争力がさらに向上する。

業務改善

1 ペーパーレス化
約400種類の帳票類を廃止し、すべて電子化した。
2 リードタイム短縮
見積書送付に1~3日必要としていたが、数分で処理が可能になった。

その他の開発実績を見る

  • ソフトウェア開発の流れ
  • 開発ポリシー
  • 開発実績
  • ビジネス情報サービス
  • Rubyによるシステム開発
  • BIツールのご紹介